主婦

何でも安くゲットできるプライベートブランドの魅力

独自のブランド商品とは

買い物

低価格の実現

コンビニやスーパーなどでよく見かけるプライベートブランド商品は、一般的な他のメーカー商品よりも低価格を実現しています。その低価格が消費者の支持を集めて急激にシェアを拡大しており、その勢いは止まることなく今後もさらなる発展が見込まれています。そんなプライベートブランドですが、消費者にとっては魅力的な低価格の実現のメカニズムとして、商品にかかるコストを徹底的に削減したことで低価格を可能にしたという理由があります。まず広告費については、一般的なメーカー商品は小売店に納入してもらうためにも、他社の製品と競争して選んでもらう必要があります。それゆえにPRする販売促進のための広告費が必要となり、それが商品の価格にも反映されています。しかしプライベートブランド商品の場合、直接そのまま店側が売りだすため、広告費は一切必要ありません。また流通についても、大手スーパーやコンビニではすでに自社の物流網を所有しているため、それを利用すれば物流にかかるコストも削減が可能です。さらに生産コストについても、プライベートブランドの場合は一つのチェーン業者が商品を開発して生産するのではなく、複数のチェーン業者が集まって共同開発をするという方法を実行しています。そのため、自社のオリジナル商品の大量生産を実現することで、コスト削減へとつなげることが可能となっています。ちなみにデータ管理によって需要を予測して商品の発注数を決めるため、無駄が出ないという仕組みも手伝い、プライベートブランドは魅力的な低価格を実現させています。