ファミリー

何でも安くゲットできるプライベートブランドの魅力

主婦

生活費を節約できます

プライベートブランド商品は大手ナショナルブランド商品より大幅に安く購入できるので、生活費の節約ができます。食料品についても安全性は確保されていますが、気になる場合は製造元と原産国が表示されている商品を選ぶようにしてください。

買い物

独自のブランド商品とは

企業側が独自に企画して販売している商品のプライベートブランドは、別名をストアブランドなどとも呼ばれています。おもに日用品や食品などに多くみられる傾向にあり、メーカー品であるナショナルブランドと比較すると低価格なところが人気を集めています。

女の人

リーズナブルで美味しい

プライベートブランドは小売店が企画開発しているものの、大手メーカーが製造しているため、品質はそのままに、リーズナブルな価格で手に入れることができます。商品も食品から日用品に渡る様々な分野で展開されていますので是非試してみましょう。

価値ある物をお安く提供

店員とお客さん

だから安い

プライベートブランドは高品質な品物を低価格でわたしたちに提供してくれています。そのはじまりは大手百貨店からで、すでに50年以上にわたり展開している歴史のある試みです。当初は製造工程の関係で品質に劣る部分がありましたが、その後プライベートブランドは徐々に知名度を上げ、今では窓口は小売店、企画はメーカーや小売業者、卸業者が担当、製造は受託、中小規模、大手メーカー等に発注とバラエティに富んでいます。また、メーカー、小売業、卸業が一体となって企画生産し、本家に劣らない生産方法と個性を打ち出しながら、プライベートブランドは価値を上げました。プライベートブランドがあちこちで台頭し人々の間に浸透したことで、消費者は高品質な新商品を、ブランド品より安値で購入することができるようになりました。販売側も自然に、宣伝費の節約、ブランド名にこだわらないことによる自由な企画と生産、そして原材料を明確に打ち出すことによる店舗のイメージアップを図ることができました。メーカー側は固定客が増えたことにより一定量の生産が見込めるようになったため、その売り上げで自社ブランド製品を開発研究する費用をまかなえるようになりました。プライベートブランドは製造元から直接販売先に届けられるため、販売経路の短縮によるコストダウンも実現させました。今では大手スーパー、コンビニ、各チェーン店などで積極的にプライベートブランドの生産、企画が進められています。